1632★Blog

ようこそ。
ここは森山1632によるイマジネーション&イマジネーションの空間です。
変わるも、変えるも、変わらないのも、すべて自分次第。。
ほら、そう思えばきっと空も飛べるはず。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
truth?
truth

真実を焼き尽くす 現実という名の炎

灰となってしまったその姿は もはや嘘に変わるのか?

カタチを無くした真実は もう 

誰に見つかることもない 迷宮入りの殺人事件の被害者だ

完全犯罪を成し遂げて 時効の時がやってくるのを待つ犯人の

スリリングな薄ら笑いのサラウンドは360度 どこにいたって響いてくる

僕らは今 そんな世界に生きている

| 1632 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(1) |
sweet
sweet

カッコ良いという意味をはきちがえて

わがままばかりで生きてきた

なんとかなるだろうって

曖昧で 根拠の無い自信ってな存在を信じてた

でも、世の中そんなに甘くはない

夢は夢見てるだけじゃ実現できないし

大事なものだって守れない

そのことに気付かせてくれた

世界で1番大切なとも だちに

ありがとうを

そして 今度は僕が

大嫌いなチョコレートのような自分の甘さを

誰かを愛する優しい気持ちへと

カタチを変えて

世界中にプレゼントしようと思う












| 1632 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
GIVE ME YOUR LOVE
GIVE ME YOUR LOVE



いつだって僕らは探してる

愛し愛され生きる道

決して一人で生きてるわけじゃないけれど

孤独であることにかわりわない

なによりも なによりも

必要なたったひとつを

見つけるために

僕らは今日も

ただひたすらに

彷徨っている



| 1632 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
カメレオン
SCREAM


涙こぼれたその跡に

見つけた本当の自分らしさってやつ

今、僕は無色透明で

明日からは

どんな色にだって

変えられる

将来有望なカメレオン

だけど

実はもうなりたい色は決まってる

誰がなんと言おうが

僕は黒

















| 1632 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
RED DECORATION
RED

目を閉じて

よく見てみたら

そこらじゅう傷だらけだったけど

案外平気なもんなんだ気付く

たまに痛くなる時もあるけれど

これなら我慢できる範囲だろう

消えない傷跡は勲章に

さあ 次の世界へ旅に出よう



















| 1632 | 00:05 | comments(2) | trackbacks(1) |
LOVE AND PEACE
LOVE AND PEACE

なんだかんだいったところで

まだまだ弱肉強食なこの生態系

生き残るためには勝ち残らなければいけない世の中だけど

勝ち負けだけが全てじゃない

こんなちっぽけな僕という生き物が

愛と平和を願ったところで

世界が変わるとは思わないけれど

どこかで 誰かが 誰かを愛し

どこかで 誰かが 誰かの幸せを願う

そんな小さな気持ちの集合体は

きっと世界は変えられる

そう思えば

言葉では大きすぎる存在も

両手で抱きしめられるよね





| 1632 | 22:29 | comments(2) | trackbacks(1) |
TATTOO
Heart

考えないようにと気をつけている毎日だけど
一日たりとも君を忘れないようにと
心に刻んだ 逢々傘のタトゥー

あえて名前は僕ひとり

君と過ごした想い出の
ほとんど全てが名場面
人生初の完全保存版タイプ

だけど 

あえて名前は僕ひとり

永遠の片思いと
自分に誓った 愛々傘のタトゥー



| 1632 | 21:25 | comments(4) | trackbacks(0) |
I & I
I & I

ぼくはきみで きみはぼく

見た目は一緒でも

考え方が違うだけで

別人に感じるよ

自分自身がそう感じるってことは

他の誰かもそう感じているのかな?

でもね、それでも自分なんだよね

だって ぼくはぼくひとりだけ

だから やっぱり

きみはぼくで ぼくはぼく

| 1632 | 01:35 | comments(3) | trackbacks(1) |
BLACK RAIN
BLACK RAIN

谷川俊太郎氏の色という詩にあるような

”真っ白な絶望”

という名の僕のキャンパスに
今日、複雑な色した雨が降った。

限りなく黒に近い雨だったけど
止んだら希望の光が見えた。 

   























| 1632 | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ALIVE
ALIVE

世界の終わりを覗く勇気もなく

届かない愛の詩を叫び続ける

罪と罰から生まれた一人の人間が



かたちのないものの

大切さを知り

そして

自分のちっぽけさを知る
















| 1632 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(3) |
New entries
Recent comment
Recent trackback
Profile
Categories
Archives
Links
Admin
Genius Party